So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

金芝河(キム・ジハ)「あの遠い宇宙の」 びっくりするほど好きな詩 [something blue]

あの遠い宇宙の  金芝河  翻訳・佐川亜紀・権宅明(クォン・テクミョン)


あの遠い宇宙の どこかに
ぼくの病をわずらう星がある

一晩の荒々しい夢をおいてきた
五台山の西台 どこかの名の知れぬ
花びらがぼくの病をわずらっている

ちまたに隠れ 息を整えているはずの
ふしぎなぼくの友だち
夜ごと病むぼくを夢見て

昔 袖ふれ合った ある流れ者が
ぼくの中でクッをする

女ひとり
ぼくの名を書いた灯籠に 火をともしている

ぼくはひとりなのか
ひとり病むものなのか

窓のすき間から なぜか風が忍び込み
ぼくの肌をくすぐる

    五台山……韓国東北部にある名山。上から見ると五つの峰が蓮の花のような形
         をしている。
    クッ………供え物をして踊りを踊ったり呪文や神託などを唱えたりして、村や
         家の安泰、病気の治療などを祈ること。

         詩集「中心の苦しみ」から
nice!(0)  コメント(0) 

高見順「出発」 びっくりするほど好きな詩 [something blue]

出発  高見順


夕暮れに一日がおわるとき
同時に何かが終る
一日の終りよりももっと確実なものが
同時にもっと夢幻的なるものが

それに気付いたとき
生きるといふことがはじまつた

      1949(昭和24)日本未来派22号
nice!(0)  コメント(0) 

佐川英三「蟹」 びっくりするほど好きな詩 [something blue]

蟹   佐川英三  

ふりかざした小さな蟄(はさみ)に
荒涼たる海が迫っている。
蟹はその傲慢な甲羅をふるわせて、
怒りに燃えている。
垂れ込めた雲。
閃く稲妻。
何か、
異常なるものが来たるらしき、
晦冥のとき、
砂は、
洗われ洗われて
若い静脈のように濡れている。


        1949(昭和24)日本未来派27号
nice!(0)  コメント(0) 

仲嶺眞武、四行詩「宇宙」  びっくりするほど好きな詩 [something blue]

四行詩「宇宙」七篇          仲嶺眞武 

    1 木や石を見ていて

木を見ていて 石を見ていて、思う
木や石は宇宙の分泌物であるに違いない、と
そして、思う
私もまた、宇宙胎内の一粒子であるのだろう、と


    2 存在と時間

存在とは、時間というカンバスの上に描かれた絵である、と君は言うが
存在は絵だろうか? 時間はカンバスだろうか?
存在と時間は、人間の意識によって構成された現象ではないだろう
存在は宇宙が生み出した万物であり、時間は宇宙の心臓の鼓動であろう


    

    3 少年、発情す

性欲が高進し、少年の私は発情する
脳髄が全部、性感帯となっている
ああ、少年の私を悩ますこの性欲は、どこから起こってくるものなのか?
宇宙よ、あなたの生理によるものだろうか? わが存在の母よ


    
    4 宇宙の前で跪く

人間の足は何のためにあるのか?
それは、地球上を二足歩行するためのものであろう
だが、それだけのことだろうか?
人間の足、それは、宇宙の前に跪くためのものであるだろう


    

    5 宇宙の中の人間の言葉

至聖至高の存在として彼は語る
彼の言葉を聞け、と君は言うが
彼の言葉は小さい
宇宙の中の、人間の言葉は、小さい


    
   6 立ち枯れても

立ち枯れ、という言葉が、思い浮かんできた
地上で立ち枯れている自分の姿を想像する
老耄、既に、立ち枯れの状態である
だが、私と宇宙との対話は、まだ続いているのだ

    
  

   7 棺は宇宙に抱かれている

私は死んで、棺の中に納められた
棺の中で仰向けに横たわり、目を閉じていると
棺は宇宙に抱かれている、と感じた
棺の中のわたしの魂は天には昇らず、宇宙の奥へと運ばれて行くのだ、と思った


 
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。