So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

五月ともなれば [出口なしではないよ]

五月ともなれば


雨が降っても木は香り
雨のなかを歩けば別の木は別の香りを放ち
晴れた日には家をあけ放ち
歌姫を呼んでみる

歌姫は砂漠で焦げつくような恋歌をうたっている
湖の底に舞い降りて湖を揺り動かし
海のうえを軽やかに歩き
空とぶ歌をうたっている

歌姫よ 歌姫よ
世界が壊れているというのに
あなたは恋の歌をうたっているのですか?

わたしは未知のひとに恋しているのです、と歌姫はいう
わたしはわたしを待っている多くのひとびとに
歌を届けなければなりません
わたしのうたがあなたに本当に届いたなら
今日だけはなにも起こりません
ひとは歌に夢中になるからです、と歌姫はいう


それから わたしはコンピュータのなかの
盲目の青年の歌うたいに来て貰う

なんとパワフルな、なんと美しい声だ、というひとがいる

どうしてこの青年に何万人というひとが集まるのだろう
この青年があたたかな声で愛の歌をうたうと
わたしたちのなかに愛のきれいな太陽が昇っていく
わたしたちにもこんなに愛があふれているのだと驚く
かれは目が見えないけれど わたしたちのきれいな愛の太陽を
見ることができるにちがいない、というひとがいる
そうして あの青年の歌をたくさんのひとが聴きに
やってくるのだ

こんなにあふれるほどの愛があるのに
わたしはなぜあんなに悲しかったかを思い出す
いつの頃からか
世界が壊れつづけていたから


五月ともなれば
雨が降っても木は香り
雨のなかを歩けば別の木は別の香りを放ち
晴れた日には家をあけ放ち
歌姫と青年の歌うたいを呼ぼう
世界をあたらしくつくり直すために
nice!(0)  コメント(2) 

ビートルズの イエロー・サブマリン [めちやくちやに]










こんなに面白い元気のでるものは、ありません。
こんなにきれいなめちゃくちゃなものはものはありません。
こんなに幸せになるものはなかなかありません。
ビートルズがある程度成功して余裕があったからでしょう。
nice!(0)  コメント(2) 

Elvis Preslyの曲は [めちやくちやに]








何の曲がお好きですか?
わたしはこの三つがすきでした。
もっとすきなのはありましたけれど、あまりいい画像がないのです。
かれの声、汗、すべて。もう一人、ジェームス・デーンもすきでした。

ほんとに時代って変ですね。
あの、きゃあきゃあのなかにわたしたちはいるのです。
nice!(0)  コメント(2) 

最近の歌姫は [めちやくちやに]




なんてエレガントなのでしょう。
アンジェラ・ギオルギューというルーマニアのソプラノ歌手で1965年生まれだそうです。
有名なプッチーニのオペラで

おとうさん、お願い
わたしを あの人のところへ行かせて
でなけれゃ ベデッキヨ橋から アルノ川に
飛び込んでしまうから
おとうさん お願い
おとうさん お願い

といううたです。
もう一つのジャック・ブレルの古いシャンソンも素敵ですね。

このコンサートはオランダのベアトリックス女王のシルバーのお祝いのために唄
ったのだそうです。

シャンソンを歌うとき歌姫が男の歌手が唄いやすいように、ほんとの恋人みたいに振る舞う
ところが何ともいえないところで、ベアトリツクス女王もつい見とれてしまうのです。

こんな歌手見たことなかつた。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。