So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

私はずいぶん長い間 [めちやくちやに]

 私はずいぶん長い間この街から自然がなくなったり、のんびりした楽しいこと
がなくなったりしていることを嘆いたりしていた。これから、空気があまりよくないこの場所で歳を重ねてだんだん体力がなくなって、友達もすこしずつへっていくのか思っていた。しかし、彼を見たことによつて、何か思考に変化をきたしたたようだ。何かに挑戦することは何にでもいいということが解った。たとえば夫は漬けたり、ねかみそにキュウリや茄子や大根を漬けるのを楽しみにしている。息子はもっと漫画の世界に挑戦するために都心の神楽坂に引っ越していった。さて、私は何に挑戦したらよいのだろう。ノートの「やりたいこと」のコーナーに「初めは一ヶ月に一篇の詩を書き、それから一週間に一篇の詩を書き、その
次に毎日詩を書きたい」と書いた。「飛行機に乗って友達に会いに行きたい」
とも書いた。「やらなければならないこと」のコーナーに「洗濯と掃除」と書いた。

Next [めちやくちやに]

Next,he took out pack of cigarettes and began to smoke. He seemd to get
a lot of pleasure out of it. After a moment. I couldn't see him anymore.
I don't know how much time in all I was watching him, but I had the impression that it had taken less than twenty or thirty seconds.not more.
But then, wait as I did,he didn't reappear.I thought I might have dreamed it.
I said maybe that's what poetry is. I really should have called the police.
Usually, that's what you do when you see a man climbimg a roof and moving
so nimbly over the security reilings of a fire escape. But I don't have this sort of reflex.and then, this man didn't seem to me like a criminal getting ready to commit a crime. It seemed like I understood him. He was doing it through a spirit of provocation. At the same time, since this was the first time I was seeing a man scale a building in real life and at a movie. I felt overexcited.I was thirilled at the idea that I was finally getting a glimpse of people ready to take on this kind of challenge.

それから [めちやくちやに]

 それから、どこからかタバコを出して吸っている。とてもいい気持ちらしかった。しばらくすると男は消えてしまった。
 全部でどれくらいの間、私が彼を見ていたのか、せいぜい20秒か30秒ぐらいであろうかと思われた。それなのにどんなに待っても二度と彼は現れなかった。まるで夢のようだった。詩とはああいうものではないかとも思われた。
 また屋根に登ったり、非常階段をひらり、ひらりと登る男を見たら、警察に通報するだろうかと考えた。私はそんなことはしないし、何か犯罪をしでかす男には見えなかった。私はあのひとの気持ちがわかるような気がした。あのひとは何かに挑戦しているのだ。しかし、ビルからビルへよじ登ったりする人を映画ではなく現実に見るのは初めてなので、私はおおいに興奮した。とうとう、こんなことをする人まで現れたかと思うと楽しかった。

MAN OF THE ROOF [めちやくちやに]

I've been living in the this apartment in Tokyo for thirty-five years.
However, this morning at day-break.I witnessed something that I'd never
seen before.I got up a littre after four in the morning.I'd prepared two columun in my notebook : “Things I want to do”and “Things I should do,”and I
was getting ready to write in them. The first thing that I wanted to do was to
open the glass door and let the wind in.Outside it was still a bit dark.
I was looking absentry at the white building opposide. and suddenly I realized
that a man was noiselessly scaling the guardrail of the fire escape outside
the fifth floor. I saw him hang from the roof awning of the fifth floor, lift one
leg high, and presto, he hoiseted himself onto the roof.

It seemed as if I could hear him gasp for breath. He was wearing a kind of undershirt and had leather fingerless gloves. You would have said he was one
of thse gladitors that you see in the movies, or should I say Spyderman.

I kept watching him, full of curiossity, wondering what he was going to do
next when I noticed that he, as well, was staring at me , I start,as if I had been surprised in the act of looking at something that I was't suppesed to see, and, closing the glass door halfway, I went to the other room. There I
continnued my spying behind a bamboo shade and saw him move from the
the roof of the white building to the one next to it, a slighter taller beige
building. He nimbly climbed over a metal reailing, then another to get the
roof of the seventh floor without using the fire escape.

7月25日 [めちやくちやに]

 このアパートに引っ越してきて35年近くなるのに今朝、今まで一度も見たことのないものを私は見た。私は朝四時過ぎに起きて、ノートに「やりたいこと」と「
やらなければならないこと」と書こうとした。しかし、私がやりたいことはガラス戸
を開け、風を入れることだった。窓の外はまだすこし薄暗かった。
 なんとなく斜め向かいの白いピルを眺めると外階段の四階の手すりを男がするするっと登り、雨樋をするするっと登り、男は四階屋根のひさしにぶら下がり、片方づつ足をあげ、ひょいとビルの屋上に立った。
 男の激しい息づかいが聞こえてくるようだった。彼は下着のようなシャツを着て指のない革手袋をしている。映画で見る闘士のようでもあり、スパイダーマン
のようでもある。
 これから男はどうするのだろうと期待と好奇心にかられて見ていると、彼のほうでも私を見ているのでびっくりして、まるで見てはいけないものを見てしまったような気持ちになり、私はガラス戸を半分閉めて別室に移った。
 こんどはすだれ越しに眺めると、男は四階の白いビルの屋上から隣接しているもっと大きな茶色いビルの非常階段の階段を使わず鉄柵をひらりひらりとよじ登り、もう一度ひらりとよじ登り、六階まで登ってしまった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。