So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

狩野貞子「空」優しい言葉」 [something blue]


空       狩野貞子

3.11
日本列島の空いっぱいに
たくさんの靴が 漂っている

泥にまみれたスニーカー 紅葉色のビンヒール
傷だらけのゴム長靴に 黒い革靴
真っ白いフェルトの靴は
掌二隠れてしまうほど小さくて

うねる高波に呑み込まれたとき
黒い濁った海から
空は全身で抱きかかえた

一緒に流した 汗の匂い 魚の匂い
膝を伸ばして 町を闊歩した
幸せなひととき

三年余りが過ぎたが
2,609足の靴がまだ見つからない

一足ずつ
すべての靴が
持ち主に届いたとき

青い空は
やっと高みをます

                         ※
 この詩人には童話作家が持っている包容力とユーモアのセンスがあると思います。
 それは初めの三行と終わりの二行に

  3;11
  日本列島の空いっぱいに
  たくさんの靴が 漂っている

  青い空は
  やっと高みをます

に到ルまで私によく感じられます。
 一つの言葉の選び方、つながり方、それは何とも優しくて、たっぷりしていて、ユーモラスなのです。
 この詩の内容は3.11の災禍であり、一人一人のいのちのことなのですが、それにもかかわらず、
私には「悲惨」であるとか「絶望」であるとかという言葉は少しも浮かんできません。
 でも、私の心は、私の知らないところで悲しんでいるようです。
 それはちょうど私が幼い頃、絵本をよんで初めて怖い世界を知った時のようです。そんなとき私は
一人でしたが、誰かが優しく見つめていることも感じました。
 私はこの詩に同じものを感じました。詩の神さまが舞いおりたのでしょう。
 そして、思わず空を見あげました。私の心のなかの空を。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。