So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

池谷敦子「夜明けのサヨナラ」一回限り [something blue]

夜明けのサヨナラ   池谷敦子


どうしても こころは海に向かってしまう
どうしてか 岸辺に向かってしまう

ふわりとからだを放り投げて
草の底から
水面の下から
見上げてみたいのだ

出会ってしまったひとだから だいじにしてきた
背負ってしまった重荷だから だいじにしてきた

そう? 自分をだいじにしてきたんじゃなかったの?

ぜんぶ受け容れてくれたのが あなた
今は薄い骨だけになっている あなたなのだ

酸素マスクをずらしてあげると
サ・ヨ・ナ・ラ と
僅かな口の動きだけで伝えた

サヨナラ
しあわせな魚族だった頃の
水の感触が
もう まもなく
あなたを くるむ


             ※
 この詩について、はじめに思うことは、この詩を高齢者だけではなく、多くの若い人たちに読んでもらいたいということです。
 このような詩を書くことは、年をとり、それなりの人生を送ってからではないと、できないと思います。  
 しかし、これを読み、味わうことは別です。
 若い人も必ず、この詩がよくわかると思います。よい詩には必ずそういった年齢を超える
力があります。
 私がこの詩を読んで感じたことは、人というのは、何とやさしく、何と無邪気なものかということですが、それよりも言葉にならない、不思議さ、不思議であるが故に何とも素敵な感じです。この不思議さは、この詩を読んで私は初めて体験しました。いや、もしかしたら、私の中にあったかも知れない。それをこの詩が想記させてくれたというべきなのです。
 この人の不思議な素敵さは、きっと誰の中にもあるのだと思います。それに、いつか出会う、それは一度限りの出会いかも知れません。
 できたら、この詩を何度か、くり返して読んで下さい。そして、最終連に続けて、第一連、第二連と続けて読んでみて下さい。そうすると、私が書いた「不思議な素敵さ」がよくわかるのではないかと思います。詩はぐるぐると回る輪舞のようなところがあります。
nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

ゴチマロ

なんとなくよいと感じる詩見つけたのでコメントします。
しばらくおいて2回目に読んでみて、不思議な感じが、ふわりとだんだん。3回目はきっと、もっとじっくりつかるように読んでみようと思います。
by ゴチマロ (2012-09-11 22:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。